«  2017  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   »
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sora
category:スポンサー広告
/

想う
想う

こころに穴があいたような気持ち
こころの場所がわかるくらい
こころがぎゅっとなる

想いなんて
すべてが通じるわけないじゃない

それなのに
それなのに

ぜんぶがほしくなってしまうわたし
Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:切ない恋 - genre:恋愛


だいじょうぶだいじょうぶ
だいじょうぶ

それでいいの

うまくいったじゃない
できるできる

あなたはできる子

だれもこわくない
だいじょうぶ
そのままのあなたで

Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:ひとりごと - genre:その他


幸せが見えなくなったら
つらい
つかれた
もうやだ

逃げ出したい
休みたい
自由になりたい


そりゃいろいろあるよね
毎日前向きなんて
なんてうそっぽいのでしょう

だめだめになるときだってある

どうせって思うときだってある



最近の私がそう

でもがんばって思い出してみる


あ、また私はあたりまえの幸せが見えなくなっているんだ

たとえば
明日
私の足が不自由になってしまったとしたら

私は今の自由な体を持ちながらも
不満をこぼしていたことを
後悔するだろう

私は幸せのひとつひとつに気づいていなかったと
気づくだろう

毎日朝の通勤電車にゆられて
しっかりと自分の足で立ち
自分の足で職場まで行くことができること
私はそのことにだって
感謝ができるはず


なんだってそう

たとえば
ごはんを食べて
すんなり噛み砕いて
すんなり食道を通って
おなかにはいって
おなかいっぱいになる

私の体が一生懸命働いてくれている証拠

感謝

こうやって
思うことをすらすらと
キーボードで言葉を打つことができるなんて

感謝


痛みや苦しみを感じることなく
私は眠りにつくことができる

あったかい布団の中で
生命が奪われる危険とか考えることなく
眠ることができる

そんな環境に感謝


おおげさかもしれないけど
そうなんだよね

私たちは
失ってはじめて
自分が持っていたものが
どれだけ恵まれていたのかに
気づくんだ


落ち込んでもいい
だめだめでもいい
そんなときもある
でも

幸せがあることを忘れちゃいけない

Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:大切なこと - genre:ライフ


お手紙
ごめんなさい

私はあたたかい気持ちをもらうと
それには
しっかりたっぷり時間とこころの余裕をつくって
私もお返しをしたい、しなきゃ、と思うのです

でも、そう思っているくせに
怠け者でダラダラして
気づくと
時間の余裕がなくなって
どうしてもやらなくてはいけない日々の事柄を
こなすだけでせいいっぱいで

ずっとずっとこころの奥に
早くお返事しなきゃと思いながら
もっと時間があるときじゃないと
もっとじっくりやりたいのに
なんて
そんなふうに
そんなふうにして
時間だけがすぎました

ごめんなさい

またいつものように
私はあなたの優しい気持ちを
大切に返すことができていません

いつものことながら
忘れていたわけでも
どうでもよかったわけでもないのです

私のいけないところなのです

ごめんね
ごめんね

今なんとなく
さらさらとお手紙を書こうと思ったのだけど

なんか書けない
こうやって
ひとりごとのように懺悔する余裕しかないというか
今になってもなお

ここまで待たせてしまったら
もっとちゃんと
ちゃんと返さなくては
って思うのです

私は
人を大切にしていないから
いつかそれが自分に戻ってきてしまうかもしれませんね

気持ちだけは
ずっと
しっかり
大切に思っていたことは
本当なんです

いつもそんなことばかり言う私ですね


あなたの大切な気持ちを
宙に浮かせたままで
本当にごめんなさい

いつもいつもありがとう

私は生きています
私はがんばってます

Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:ひとりごと - genre:その他


枯れない涙
たくさん泣いて
目が重い
ほんとはもっと
もっともっと
泣かなくちゃ
何度も何度もこれから先も

悲しいときは
ショックすぎるときは
そこに目を向けることもできない
それが現実でも
現実ではないと目を背ける

私はずっとがんばってきた
ここまでがんばってだめなら
もう
ってあきらめるしかない
そのためにずっとがんばってきたんだ
がんばったって言えるくらいだよね

涙は枯れないね
ずっと
ずっと昔から
私は
彼を愛してどれだけの涙を流してきたのだろう

これからもきっと
また

でも現実も思い出して

でも明日はこのこと忘れて
あさっても
しあさっても

そう簡単に向き合えるほど
浅いものではない

時間をかけて少しずつ少しずつ

今一気に目を向けたら
私は死んでしまうだろう
私は自分を傷つけてしまうだろう

それくらい
自分では簡単に処理できない
大きな大きな大きな
鉛のようなもの

自分を殺さないために
私は
目を背けることにしよう

終わらなかった
おでこへのキス

最後に
くちびるにキス

そのとき私は思ったんだ
これを簡単にほかの人に癒してもらうわけにはいかない


最後のキスだねきっと

これでもう
ほんとうに
終わりだね

見たくない
けど
それだけは
知っておかないと


私は明日がんばれ




Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

幸せに気づく力を
********************************************

悲しくて涙を流しても
苦しくて心が壊れても

また
そこにある小さなたくさんの幸せを
見つけることができるように

いつも笑っていなくてもいい
苦しいときは泣けばいい

また思い出して
立ち上がればいい

幸せに気づく力を育てよう


sora

********************************************
Posted by sora
category:幸せに気づく力を
comment(1) /

私を忘れないように
自分を失わないように

私を失わないように


私は何がしたくて
何を求めて
何が幸せで
何をがんばってきたのか

何が後悔につながって
何が満足につながるのか

私を
忘れてしまわないように


私は
どこかへ向かっている途中だ

進む道がわかっているのに
わかっていないような
そんな選び方
そんな生活の仕方


私は何がしたくて
何を実現したいのか


忘れないように
忘れないように

Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:大切なこと - genre:ライフ


こころの隙間をうめて
職場の男性から
告白された

知らないところで
私を見ていてくれたんだと
驚いた

弱っている私は
最後の最後は結局ゆずれないくせに
それまでの
こころの隙間を
彼の想いでうめさせてもらいたくなる

思い通りにならない現実を
手放すことはできずに
しがみつきながら
その悲しみを
ほかで癒してもらう

みんなそれでいいんだ
それがいやなら断っておくれ
私はそんな私の罪をわかっていて
そうしているの
あなたもそれをわかって
そうしているんだから

受け止めてくれると
手を広げてくれた人に
こころ揺れてあずけてみる
一見柔軟そうなわたしのこころ

それでもほんとは
やっぱり最後の最後で
自分の一番ほしいものを
あきらめることができずに
しがみついているんだよね




Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:切ない恋 - genre:恋愛


弱い
孤独

こころが孤独

酔いにまかせて
あとで後悔するだろう相手に
寄りかかりたくなる

これが私の根本

弱くて
壊れている



たぶん本当は
何もかも忘れるくらい
お酒を飲んで
素直に泣いてみたい
それを責めることのない
やさしい人たちのなかで
それをあとで悩むことのない
そんな人たちのなかで

だれが許してくれるだろうか
自分勝手で
自己満足な
こんな私を


Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:不安定な心 - genre:心と身体


力を
背筋を伸ばして
顔を上げて
愛された記憶を力にして
私はちゃんと人に愛された人なんだと
自信を持って
がんばったあとに
何も変わらなくても
何もいいことなくても
何かいやなことがあったとしても
負けないで
大丈夫ちゃんと見ててくれてるから

なんの悩みもないように見られようとも
人になんと思われようとも
私のなかで
こうやってがんばって戦った記憶があれば
それは必ず返ってくる
私の人生の中に返ってくる

明日はちゃんとがんばって立ち上がろう
それで
空を見上げて
息を吸って
しゃきっと歩いていこう

自分の魂がきっと磨かれる

あたたかい気持ちを
誰かのこころに配ることができますように
ひとりでも
すこしでも
ほんの少しでいいから
何かを人にあげることができるように
明日の目標
誰かにあたたかい気持ちを配ることができるように
何かに感謝することができるように
思い出すことができるように
幸せのかけらを

こういうときこそ

幸せに気づく力を


Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:幸せになる考え方 - genre:心と身体


こころの記憶
今日は
声を出してひとりで泣いた

関係ないことで
こころが疲れていた
そしたら
別のところの傷を刺激したみたい

こころの記憶は
私の意志とは別のところで
感情を支配する

苦しかった記憶と
愛された記憶

思い出せば
今でもすぐに涙があふれる

それほどまでに
強烈だったということ


それを知る人が
誰ひとりいない世界で
私は今生きている
誰も知らない


私の味方でいてくれると
何度も神様に誓ってくれた

私を守ろうと
全力でがんばってくれた
私は守られていた
私は愛されていたんだ


だめだ
壊れかけだな
いくらでも泣ける
泣きたい
泣きたい

誰にも心を開かずに誰の前で泣けるというんだ

誰かに受け止めてもらいたい
でも
誰でもいいわけじゃないから
だから
誰もいないんだ

なんか明日は休みたいな

そしたら
心配してくれるかな
なんて
やっぱり
ちょっと危険信号

もうやだよ・・
やだやだやだ
やじゃないのにやだ

誰も私のこころを刺激しないで

忘れさせて
悲しい記憶も
かなしい現実も
思い出させないで

思い出したら
こうやって
壊れていく

受け手がいないのに

受け手がいなければ
私はひとりで
立ち直らなくちゃいけないんだ

もう午前2時
こんな時間に涙をながして
くまができてしまう
自分の力で立ち上がらなくちゃいけない
はやく
がんばって

だいじょうぶ

あしたはきっといいことある
くまもできない
がんばったらごほうびある
がんばれ
がんばれ
がんばれ





Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:不安定な心 - genre:心と身体


笑っているあの子の方が
そう簡単に
私の中の
闇を話すわけないよね

私がどんな思いをしてきて
どんな苦しみを乗り越えてきて
泣きたくても泣くことなど許されずに
誰が味方かもわからずに
私という人間を否定されて生きていたあの時間を
私はそう簡単にわかってもらえるとは思わない

私が笑っていても
私が幸せそうでも
私がのほほんとしているようでも

その奥にあるものを
誰が気づくのだろうか

ほかのみんなもきっとそう

見えない悲しみを抱えて
みんな優しさを手にして
人にはわからないように
そんな強さを身につけるんだ

きっと笑ってるあの子の方が
それだけの闇をかかえて生きてきたはず

不満ばかり述べるあの人より

きっとそうだ

あなたはいいわね
って言われるあの子のほうが
きっと



話せないほど
深く傷ついた
あの時間を

私は
ひとりで抱きしめていた


Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:不安定な心 - genre:心と身体


味方だよ
私は
いつだって
大好きなあなたの
味方だよ!

いつだって
変わらず

空の向こうのあなたに
パワーを送るよ




Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:大切な人。 - genre:恋愛


音楽っていいな
PC買った!
windows7だよ
それで今PCデータをいろいろ移動中

PCに入れてたキマグレンのアルバム
あんまり聞いたことないなーって思って
聞いてみる
なんかいい
スピーカーも大きくなって
PCもサクサク動いて
音楽が響いてくる

音楽っていいな
こころに届く

もう少しがんばってみようかな
とか
だいじょうぶみたい
とか
そんな気持ちにさせてくれる

音楽っていいな
こころが揺れる

Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:オススメ - genre:その他


飲んだ日
久しぶりにたくさん飲んだ
飲むと私の底にある
よわっちぃ私が出てきて
何もわからなくなるまで飲みたくなる

珍しく少し記憶が薄れ
気づいたらあの人に電話してた

酔っ払って
なんかしゃべりながら
気づいたら私涙流してた

電話の向こうに聞こえる優しい声
こんな私を優しく受け止めてくれる
失ってはいけなかった大切な人

次の電車に乗るんだよ
って言われて電話を切って
満員電車の中で
私はお礼のメールをした
酔っ払ってるのに
ずいぶんまともなメール

たぶん
めったに訪れない大切な機会だから
よっぱらってるのにがんばったんだな
感謝の気持ちと愛してるの言葉
あとから見たら
自分の記憶がはっきりしてなかったことに気づく

それなのに
私は愛してると送っていたんだな


いつもは眠る
私のさみしくてひとりぼっちで弱い心

お酒を飲むと
私は少しキケンかも
ふらふらする私をかかえてくれた職場の先輩
そういうところによりかかりたくなる気持ちを
なんだか久しぶりに心が感じてた
だめだね
わたし
弱いと壊れる私を思い出した
人のぬくもりが
妙に私のこころを安心させる
だれかに寄りかかりたいと
寄りかかろうと思えばできる連絡のとっていない彼氏ではなく
そういうことでもなんでもない
恋愛感情はなくただ信頼できる職場の先輩に
一時的な癒しをもらう

酔っ払っていたけど
終電間際の駅で
「もっと飲む?」と誘われて
え、それはないでしょと思って
大丈夫帰れますさようなら、と言えたのは
少しは強くなった証拠だな

飲むとさみしい気持ちを思い出す
だけど
そうやって
もうどうにでもなれって思えるくらいの時間が
私には必要かも

私は、男の人の気を引こうとする態度を
している女の子があまり好きではなく
だからむしろ私はそっけなくしているつもりなのに
この間は、職場の上司の男性に
soraさんは小悪魔だな~
って言われて
あれ、私ってそんな女性になっちゃってる?って
ちょっと考えちゃった
そういうのはやだやだ
気をつけないと


でも
今の職場の上司は
みんな優しくて
そういうことに私は感謝だな
カラオケを強要する先輩もいないし
上下関係を強調する人もいないし
上司なのにえらそうじゃないし
恵まれてるよ
ありがとう
ありがとう




Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:ひとりごと - genre:恋愛


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。