FC2ブログ
«  2018  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   »
<< 私だけのひとり | top | 彼の親友 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sora
category:スポンサー広告
/

嫉妬
過去の人
と簡単に片付けられない

私は
ときどき
激しく
嫉妬に苦しむ


彼が一生をともにしていきたいと
誓った女性がいたという事実に

彼の大切な人達が
彼の幸せを祝福したという事実に

自由気ままに
わがままやって
彼にさみしい時間を与えた女性に
それでも大切にしようと努力していた彼のその思いに

激しく
嫉妬してしまう


たとえば
私が彼と結婚したいと思っても

私には
結婚式という選択肢は
普通には用意されていないんだ
彼はもうすでに
神に誓い
人々に祝福され
お祝いをもらっている
私ではない女性との結婚に


籍は入れなかったということに
私は少し喜んだけれど
もしかしたら
籍だけ入れて結婚式はしてなかったほうが
私の立場的にずいぶんラクだったのかもしれない

たとえば
私が彼と歩いていて
彼の仕事関係の人に会ったとする
そしたらよく知らない人なら
私がそのお祝いをあげたお嫁さんだと思うかもしれない

私はそのお嫁さんじゃない

私は彼との結婚を祝福された女性ではないのに


たとえば
私が妊娠したとしよう
そしたら
親戚の人は
あ、あの花嫁さんが妊娠したのね
なんて思うかも


私は違う
私はあの女性とは違うのに


私は私なのに



私はときどき
激しく嫉妬に苦しむ


あきらめていたあなたが
私のひとりになってくれたから

あきらめてきたことが
嫉妬に変わる

私も
それ以上のものがほしいと
願うようになる





Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:不倫 - genre:恋愛


comment
comment posting












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。