«  2018  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   »
<< さよならしてきた | top | うまくやっていこうと >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sora
category:スポンサー広告
/

わがまま
相手のほうに悪いことをしたと思ってつらい
と彼は言った

私は
Yさんだけが悪いわけじゃないんだから
と言った


でも
自分で決意したことを
やり通せなかった
相手にも
相手の家族にも
悪いことをしたと思う

と彼は自分を責めていた


彼と奥さんにしかわからないことがあるけれど
それでも彼は
奥さんとうまくやっていきたいとがんばっていたと思う
彼はそういう人だ


彼は奥さんのことを悪く言うようなことはほとんどない
でも私は奥さんがやっていた彼に対する態度を聞くと
なんだかすごくいやだった


わがままやってても
愛されてる

ってすごくそう感じた

やりたい放題でも
それを受け止めようとしている人がいて
奥さんはそれを理解していて
愛されていることを理解しているから
わがままでいられるんだ
と思った

私は

わがまま言ったら
彼が離れていく

と思っていたから

彼の気持ちを大切にしないで
彼をさみしい気持ちにしている奥さんが
それでも大切にされていることが
とてもうらやましかった

ずるい
と思った


7月中旬だったかな

私のすさんだ心が
あのとき
私のこころのそんな言葉たちを声にして
彼に向けた


でもそのとき私は
ふと我に返って


私はこんなことを言わないって決めたんだった
と思い出した
私は彼を失うならば我慢する道を選ぶと
強く心で決めたんだった

心の中からあふれてきた言葉を吐いた自分を後悔した


私はすごく後悔して
自分を奮い立たせて
それまでの
落ち込んだ空気を振り払って
彼に言った


ごめんね!
今のはナシ!
いいの
私はこれで十分幸せなの
Yさんと一緒にいるだけで私は本当に幸せで
これを失いたくないの
だからごめんね
これで、私を不幸にするとか言って離れて行かないで

って一生懸命言った

本当に後悔してた
彼がまた離れていくんじゃないかと思って
怖くなって
涙がいっぱい出た
いっぱい泣いた
泣いてしまった


彼は
ちゃんと私を抱きしめて
離れていかないよと言ってくれた


そのあと私を抱いてくれた彼は
本当に優しいキスをたくさんたくさんしてくれた


私はあのとき
こころで感じた
彼の気持ちをこころで感じた



Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

comment
comment posting












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。