«  2017  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   »
<< 妊娠 | top | 強さと優しさを >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sora
category:スポンサー広告
/

気持ちを整理する
できているかもしれない

とここ何日か
そのことで頭がいっぱいで
悩んでいる・・というか考えている


私自身の姿勢としては
自ら進んでその道にすすむようなことはしない
彼を手に入れるためになんて
そんなこと自分が悲しいだけだからやりたくない
私は基本完全避妊を望んでいる
ちょっとでも可能性があることをしたら
次の生理まで必ず私が悩むことになるのがわかっているから
これくらいなら大丈夫と言っても私はそうは思っていない
その私の考えもきちんと話したつもりだ
もし何かあったときに逃げられるのが私は一番こわいから
少しでもそういうことをやるのであれば
その可能性があるってちゃんとわかっていてそれでも、にしてほしい
というのが私の気持ち
こんなのではそんなことにならないから大丈夫なんて言っていたけれど
私はその点に関しては彼らしくないと思っていた
彼のようにまじめできちんと物事を理解できるうえに
医療関係に従事している人ならなおさら
それくらい常識で、そんな可能性はないなんて言うとは思わなかった
だから私は自分の考えを伝えた
つもりだ
彼は忘れているのか?
私はちゃんと話をした
でもその後も何回かそういうことがあって
でも私は、私の考えを話した上でそういうことをしているんだという気持ちで
わかってやっているんだと思いたかった

たとえば
音信不通になる
私はそれがこわい

たぶん私はそれが一番傷つく

できたから離婚して私と一緒になって
なんて私には言う自信はない
なんとなくそのせいで強制的に、なんて
私のこころが本当に喜ぶわけがないと知っているから
たぶんその言葉は自分からは言えないと思う
でももしできていたら
生まれてくる子どもの最低限の幸せに生きる権利として
私は認知と養育費のことだけはお願いすると思う
たとえ、彼が奥さんと生きる道を選んだとしても
私は必ずその命を消すことはしない
必ず私のできる限りの愛情を注ぐと誓う
そして最低限の権利は与えてあげなくてはならないし
彼にもまた最低限の義務は果たしてもらわないといけない
私が計画的犯行で彼を奪うために避妊を拒んだわけではない
私は子どもができても困らない
困るのは既婚者である彼でしょ
それなのに、その守るべき道を自らはずれたのは彼自身
私はその彼を受け入れたことは間違いない
私が受け入れたのは、
もしものことがあっても逃げないだろう彼
わかっていてその可能性を生み出した彼
私が受け入れたのはそういう彼
でもときにそんな思いは私だけの一方通行で
彼にとっては私が話す前も後も
何も変わらない気持ちだったりして
もしものときには責任を取るとか
せめて逃げないでそのことをなんとかするとか
そんなこと考えてもいなかったかもしれない
かもしれない、じゃなくて、きっとそうだ

私が恐れているのは
そのことによって
彼が喜ぶわけがないということ

でも
私自身は
たとえ未婚の母になろうとも
これからの未来に子どもを授かれないことよりも
好きな人との子どもを授かったことは
間違いなく幸せだと思う

ただ
自分自身が彼に捨てられるかもしれないという
悲しい自己否定感で苦しむかもしれないのがこわい

離婚をするのは想像以上に大変なことで
私の知らない様々な事柄が絡んでくるはずだ
だから私はひとまずそのことをすぐに求めることはしない


私が望むのは
逃げることなくふたり一緒に
私たちが進む道を話し合っていけること
離婚はしなくても
私と彼の間におきていることを
ふたりの大事な問題として
ちゃんと大切に扱ってくれること

それだけは
どうしても
私に必要です


Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:不倫 - genre:恋愛


comment
comment posting












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。