«  2017  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   »
<< 自分を励ましてみる | top | わがままを言えるのは >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sora
category:スポンサー広告
/

ひとり静かに
どうせわたしは

と思って
胸が痛くて
目が潤む


小さなことで
なんでもないことで

でも私にとっては大きくて


いつも彼の都合に合わせて
会える日を心待ちにする
急に会えると言われても
会いたい私はなるべく会えるように

ちょっと疲れていても
睡眠削るのはきつくても
それでも私は
彼が会いに来てくれるなら
と彼を最優先で


でも
ときに都合が合わなくて
だから私が別の日を提案したりして
それで、都合つくと思うよって言ってくれたから
あぁよかった、会えるって思っていたのに
あとから聞いたら
なんとかがんばってみる、なんて返事で

私はそんな小さな出来事で
なんだか
そこに全てが象徴されているかのように
悲しくなった


がんばらなくていいよ
って言った

私のためにがんばらなくていいよ
どうせいいよ
私はいいよ
ってこころで思った


私はあなたの都合に合わせるよ
私の都合になんて合わせられないよね
あなたには奥さんがいるんだから
私がいつもがんばって
都合をあわせるよ


たぶん
1回大丈夫だよって返事をもらったのに
それが違ったから
なんかショックだったんだ


他の人から見たら
なんで私がショックうけたかなんてわからないかな


わたしは
なんで?会えるって言ったじゃん!!
なぁんて強く言えないや
ひとりで静かに引くしかないと
こころがそう言う
私がわがままを言えば
彼は私を幸せにできないとか思って離れていくかもしれないし
私はこころが動揺しても
なるべくそれを見せないように
静かにするしかない


やっぱり私の都合になんか合わせられないんだ
どうせわたしは
どうせわたしは

私はひとりで沈んで
ひとりで静かに待つ

また彼が私を呼んでくれる日まで


Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:不倫 - genre:恋愛


comment
comment posting












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。