«  2017  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   »
<< くずれるとき | top | みなさまへ 感謝の気持ちをこめて >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sora
category:スポンサー広告
/

心の感度
自分でも気づかないうちに
あのころの私が
いなくなってしまった気がする

それは
こころ穏やかな幸せを手に入れた
それと引き換えだったのか

2006年の1月からはじめたブログを
久しぶりに開いた
アドレスも忘れて
パスワードも忘れていた

もう使っていないPCを開いたとき
ブログを開く手段を見つけた

本当に久しぶりだった

もう、5年も経ったんだね

あのころの私は
いつも
心から言葉があふれてきた

ブログに記していかないと
自分を支えていけないくらいに

私はいつも
自分の気持ちと隣り合わせにいた

そんな自分の書いたブログを
読んで
久しぶりに
自分の奥深くに眠った気持ちが
目を覚ましたかのように
心がチクンとして
涙が流れた

本当に必死で生きていたんだな
わたし


幸せって
こういうことかもしれない

こころの深いところと
向き合う必要がないことなのかもしれない

だから
もしかしたら

今の私みたいに
特に大きな苦しみはない状態の人って
あのころの私のように
必死で戦っている人の気持ちなんて
わからないのかもしれない
本当の意味で

あのころの私も
私であるはずなのに
なんだか
今の私の中には
姿がなくなってしまったような気がする

それが幸せである証拠なのかもしれないけど
少し
なんとなく
さみしい気持ちになった

何がさみしいかって

もうあのときのような苦しみや悲しみはいらないけど

あのときのように
自分と向き合って
自分は何か、とか
自分の心の奥から出てくる気持ちとか
感じる時間がなくなった気がする

あのころの私は
すごく薄いガラスのように
外の世界を敏感に感じ取っていた気がする


今は
鈍い・・・
鈍すぎる・・・・・


今の自分の鈍さ加減を考えると
私はずいぶん幸せ者なんだな・・
ということに気づく

もう少し
あのころのように
心と向き合うことや
誰かの言葉から
いろんなものを感じたり
大切な気持ちを
ちゃんと大切にしたいなと思う

ただ、こういうときこそ
この幸せであることにちゃんと感謝することを
忘れちゃいけないね

ずっと探していた幸せの場所に
私を連れてきてくれた、
ずっと見守ってくれた
たくさんの人達と、自分自身と、
そして神さまに
感謝しないと・・・

ありがとう

今こそ、ちゃんと
幸せに気づく力を
思い出します

Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:ひとりごと - genre:その他


comment
comment posting












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。