«  2018  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   »
<< 社会人 | top | わたしの最期 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sora
category:スポンサー広告
/

わからないよ
たすけて

わたし
生きていけるか
わかりません


なんだかんだいって
いつもそこに
手の届くそこにいてくれた


もしわたしの人生から
本当に消えてしまうのなら

わたし
生きていけるかわかりません


わたし
あなたなしじゃだめです

見かけは
あなたなしで生きていたようだけど
ちがっていたよ
いつもあなたはちゃんといた


わたし
これからの人生が
不安です


わたし
あなたなしでは生きていけない




それでも
わたしが
明日も他の人と
デートをすることを
神さまは
空からお叱りになっているのかもしれません

ごめんなさい
ごめんなさい


わたしのこころのなか
わかってくれますか

どうか



あなたが本当に
いなくなってしまうとわかっても
それでも
じゃあわたしは別の道で
こちらの人と結婚をとか
そういうふうに思えない
たぶんそれほどのまでに
想いの大きさが違うのだな

わたし
このまま一生結婚できないかもしれない

こころに正直にいたとすれば
結婚できないかもしれない

もうあきらめて
忘れて
そうすれば
普通にできるかなと思うけど



こんな腫れた目で
あしたは
どうすればいいんだろうね

ごめんね
先に言っておくよ
ごめんね

Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

comment
comment posting












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。