«  2009  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   »
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sora
category:スポンサー広告
/

笑っているあの子の方が
そう簡単に
私の中の
闇を話すわけないよね

私がどんな思いをしてきて
どんな苦しみを乗り越えてきて
泣きたくても泣くことなど許されずに
誰が味方かもわからずに
私という人間を否定されて生きていたあの時間を
私はそう簡単にわかってもらえるとは思わない

私が笑っていても
私が幸せそうでも
私がのほほんとしているようでも

その奥にあるものを
誰が気づくのだろうか

ほかのみんなもきっとそう

見えない悲しみを抱えて
みんな優しさを手にして
人にはわからないように
そんな強さを身につけるんだ

きっと笑ってるあの子の方が
それだけの闇をかかえて生きてきたはず

不満ばかり述べるあの人より

きっとそうだ

あなたはいいわね
って言われるあの子のほうが
きっと



話せないほど
深く傷ついた
あの時間を

私は
ひとりで抱きしめていた


スポンサーサイト
Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:不安定な心 - genre:心と身体


味方だよ
私は
いつだって
大好きなあなたの
味方だよ!

いつだって
変わらず

空の向こうのあなたに
パワーを送るよ




Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:大切な人。 - genre:恋愛


音楽っていいな
PC買った!
windows7だよ
それで今PCデータをいろいろ移動中

PCに入れてたキマグレンのアルバム
あんまり聞いたことないなーって思って
聞いてみる
なんかいい
スピーカーも大きくなって
PCもサクサク動いて
音楽が響いてくる

音楽っていいな
こころに届く

もう少しがんばってみようかな
とか
だいじょうぶみたい
とか
そんな気持ちにさせてくれる

音楽っていいな
こころが揺れる

Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:オススメ - genre:その他


飲んだ日
久しぶりにたくさん飲んだ
飲むと私の底にある
よわっちぃ私が出てきて
何もわからなくなるまで飲みたくなる

珍しく少し記憶が薄れ
気づいたらあの人に電話してた

酔っ払って
なんかしゃべりながら
気づいたら私涙流してた

電話の向こうに聞こえる優しい声
こんな私を優しく受け止めてくれる
失ってはいけなかった大切な人

次の電車に乗るんだよ
って言われて電話を切って
満員電車の中で
私はお礼のメールをした
酔っ払ってるのに
ずいぶんまともなメール

たぶん
めったに訪れない大切な機会だから
よっぱらってるのにがんばったんだな
感謝の気持ちと愛してるの言葉
あとから見たら
自分の記憶がはっきりしてなかったことに気づく

それなのに
私は愛してると送っていたんだな


いつもは眠る
私のさみしくてひとりぼっちで弱い心

お酒を飲むと
私は少しキケンかも
ふらふらする私をかかえてくれた職場の先輩
そういうところによりかかりたくなる気持ちを
なんだか久しぶりに心が感じてた
だめだね
わたし
弱いと壊れる私を思い出した
人のぬくもりが
妙に私のこころを安心させる
だれかに寄りかかりたいと
寄りかかろうと思えばできる連絡のとっていない彼氏ではなく
そういうことでもなんでもない
恋愛感情はなくただ信頼できる職場の先輩に
一時的な癒しをもらう

酔っ払っていたけど
終電間際の駅で
「もっと飲む?」と誘われて
え、それはないでしょと思って
大丈夫帰れますさようなら、と言えたのは
少しは強くなった証拠だな

飲むとさみしい気持ちを思い出す
だけど
そうやって
もうどうにでもなれって思えるくらいの時間が
私には必要かも

私は、男の人の気を引こうとする態度を
している女の子があまり好きではなく
だからむしろ私はそっけなくしているつもりなのに
この間は、職場の上司の男性に
soraさんは小悪魔だな~
って言われて
あれ、私ってそんな女性になっちゃってる?って
ちょっと考えちゃった
そういうのはやだやだ
気をつけないと


でも
今の職場の上司は
みんな優しくて
そういうことに私は感謝だな
カラオケを強要する先輩もいないし
上下関係を強調する人もいないし
上司なのにえらそうじゃないし
恵まれてるよ
ありがとう
ありがとう




Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:ひとりごと - genre:恋愛


なんでだろうね
あの子が
「あんな子」になってしまったのは
誰がいけないの?

親の愛情が足りなかった?
生まれ持った気質?
環境?
先生?
友達?
社会?
何がいけなかったの?


なんでだろうね

みんなみんな
愛されるべき
美しい存在だったはずなのに


Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:子育てについて - genre:育児


自己完結の法則
人生は
それぞれの中で自己完結する
って言ってた人がいる

それは
その人が与えたものと
同じだけのものが
その人の人生の中に
返ってくる
ってこと

人を傷つければ
いつか
同じように傷つく

ズルをすれば
それだけの
ものが返ってくる

優しさを配れば
その優しさは
ちゃんと自分のところに返ってくる
たとえ人に見えないところで配られた優しさであっても

だから
あの人は隠れてズルしてて
いい顔しててずるいなんて思っても
そんなこと考えなくてもイライラしなくてもいい

そういう人は
それだけのものが返ってくる

だから
誰にもわからずにも
心の美しいことをしていれば
きっとそれは自分のもとに戻ってくる

そうやって
自分の中で
自分の人生の中で自己完結するんだって


自分の中で結構しっくりきていた
なんかいろんなことに納得がいくというか
そんな感じ


私が誰かを大切にしなかったから
私も大切にしてもらえなかったんだ
って思えば
悲しいけど仕方ない

私が今悲しい思いをしているのは
昔、あの人を悲しませたからだ
だからだ

そう思う

だから仕方ないんだ


だからこそ
今それを受け入れて
ぐっとこらえていれば

また
それとバランスをとることができるような
あたたかい時間が待ってる

そう思いたい



Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:幸せになる考え方 - genre:心と身体


ひとりで待ってる
乗り越えてなんかない

強くなったことを
喜んでるわけじゃない

強くならざるを得ない
この状況を
客観的に見てみただけ
そしたら
強くなったような気がしただけ

強くならざるを得なかった私
それだけのこと

たったひとりで
さみしいと
こころが泣いている

こころがつらくなったときに
連絡をしたい人
会いたい人
それに選ばれなかったあの人は
やっぱり私の心の支えではなかったということ

強くなったというのは
ひとりになったということ

本当に
助けを求めたいあなたに
声をかけることができなくなったということ


あなたからのメール

sora、元気にしてますか?
またがんばりすぎていない?
soraが、誰かに心を開けず、
寂しい気持ちで居るのを聞くと
心配になります。
俺は、soraに幸せになってほしい。
soraの良さを知っているからこそ
soraは幸せになる権利があると思う。



私はこれだけで
涙が簡単に出てしまう
涙が止まらず
ボロボロ泣いてしまう

あなたは彼女にプロポーズしてしまったのかな?
私が言ったからね

私に戻れないなら
戻れないと早くはっきりさせて
早く今すぐ
彼女にプロポーズしてしまってよ



なんて
かなしいわたし


そして
それでもひとりで待っている
本当に戻れなくなるその日まで
私は最後のチャンスまで
あなたを待つことに決めたんだ

最後まであなたをあきらめないと
決めたんだ

戻ることができない
最後の最後まで

私はひとりで待ってる



Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:大切な人。 - genre:恋愛


人のふり見て我がふり直せ
人のふり見て我がふり直せ
って
ほんとそのとおり


人の言動から
学ぶことって
たくさんあるよね


たとえば

ある同僚の女性と話していると
なんか、なんか嫌な気持ちになることが多かった
でも、別にいじわるでも、感じ悪いわけでもない
どうしてだろう?って考えていた

わかったこと
その子は、こちらが話したことに対して
「でも・・」とか
「もっと・・・でいいんじゃない?」とか
自分の意見を述べる
ということ

でも、それって別に悪いことじゃないよね?
彼女はそう思ったわけだから
それを素直に言ってくれて
それでいいんだよね?

それなのに・・
なぜ
私はなんか
嫌な気分になっちゃうのかな?

少し時間がたって気がついたこと

たぶん
彼女は、私が言ったことや私の気持ちを
いったん受け入れることをしないんだ

だからなんだか
私はいつも彼女に何かを話すと
否定されたり反対意見を言われてしまうような気持ちに
なったんだ


私はそんなことに気づいた

そして
たぶん
私も以前はそんなふうな受け答えをしていた気がした
別に相手を否定するつもりでもなく
むしろ相手が悩んでいることにアドバイスするつもりで・・
私はこう思うって・・


本人は悪気もないし、否定もしていないつもり
でも
相手はそう感じてしまう


私も気をつけよう
って思った

まずは自分の考えを前に出すよりも
相手の気持ちをわかってあげる


そういうことだね
私はそういう人がいい
私は彼女のおかげで
具体的な形でそのことを感じることができた

彼女に感謝



Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:幸せになる考え方 - genre:心と身体


| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。