«  2009  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   »
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sora
category:スポンサー広告
/

わからないよ
たすけて

わたし
生きていけるか
わかりません


なんだかんだいって
いつもそこに
手の届くそこにいてくれた


もしわたしの人生から
本当に消えてしまうのなら

わたし
生きていけるかわかりません


わたし
あなたなしじゃだめです

見かけは
あなたなしで生きていたようだけど
ちがっていたよ
いつもあなたはちゃんといた


わたし
これからの人生が
不安です


わたし
あなたなしでは生きていけない




それでも
わたしが
明日も他の人と
デートをすることを
神さまは
空からお叱りになっているのかもしれません

ごめんなさい
ごめんなさい


わたしのこころのなか
わかってくれますか

どうか



あなたが本当に
いなくなってしまうとわかっても
それでも
じゃあわたしは別の道で
こちらの人と結婚をとか
そういうふうに思えない
たぶんそれほどのまでに
想いの大きさが違うのだな

わたし
このまま一生結婚できないかもしれない

こころに正直にいたとすれば
結婚できないかもしれない

もうあきらめて
忘れて
そうすれば
普通にできるかなと思うけど



こんな腫れた目で
あしたは
どうすればいいんだろうね

ごめんね
先に言っておくよ
ごめんね

スポンサーサイト
Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

わたしの最期
誰にも見つけてもらえなかった私を
あなたは見つけてくれたね
そして
いいこいいこって
たくさんの愛情を
そそいでくれた

はじめて
そうやって
まるごと認めてもらった私は
わたしで生きる
ということを知った

わたしを愛する
ということを知った

わたしを
わたしの人生を
こころから楽しむことを
知った


あなたが
わたしの人生から消えるならば
そんなわたしは
もういないも同じ

あなただからわかってくれたわたし
ほかの誰の前にも
すがたをあらわせない
そんな自信も勇気もない


わたしが終わりを告げるとき

あなたなしでは生きられないと
わたしのからだとこころは
もう知っている
それなのに
それなのに
いくらがんばっても
もうかたくなになったこころは
とかすことはできなかった

わたしのなかのわたしは
もうさよならです


あなたに生かしてもらったわたしは
もうその場がありません


そんなこと言わないで
と少し怒った口調で言ったあなた

それでも
ほんとうなんです

あなたなしでは
もうその子は生きていけません

これは
神さまからの
罰だとわたしはおもいます

大切な人を裏切った罰です

ごめんなさい
ごめんなさい


罰だって言ったら
それも怒ったね
ごめんね
わたしはそういう悪い子
最後なのに
困らせてごめんね
あなたもいい気がしないよね
そんなこと言われたら

ごめんね
最後までごめんね



本当に幸せだった
って言った

でも二人の幸せはもう終わったんだよ
って言った


終わらないよ
これからも作ればいいんだよ
って一生懸命
どんなことをしても
がんばりたいと思った


今しか
がんばるときはない

あきらめの悪いわたし


もう
わたしのすべてを
彼ほどに愛してくれる人は
二度と会わないだろう


それは
きっとそうだと思う

恋愛だって
結婚だって
いくらでもできるかもしれないけれど

わたしは
あれほどまでに
誰かを
心から愛し愛される
生きる意味をおしえてもらえるほど
そんな経験は
もうないだろう


あきらめられない


それなのに
それなのに
わたしは罪人
だから天罰だ
そうだよね神さま

自業自得
って笑ってるかな


どうすればいいの
どうすればいいの

すべての人のきもちが
穏やかに行く道なんて
もうどこにもない


わたしを生かしてくれてありがとう
わたしの半分が終わるとき

ごめんね


Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

しぼり出した声
わたしは
自分勝手で
人の気持ちを裏切り

心から愛した人を
忘れられなくて
ずっとずっとずっと

私が
もとはといえばいけないのに

私がいけなかったのに


こんなにずっと
あなたを
忘れることなく

今近くにいる人を
裏切ることに
優しい気持ちを
裏切っているようで
何もしてないけど
そう思っていることが
罪人で

はっきり言ってと
何度言ってきたか
そうやって
はっきり言われて
もう終わりだといいながら
まだあきらめられないと
はっきり言ってと
そんなことばかり
繰り返して

私には
もうリミットが

あなたをあきらめるリミットが

涙がこぼれ落ちて
声にならない声が
泣き声とともに搾り出されて


こうやって
ずっとずっと
私は
あなたのもとを離れずに
あなたをも苦しめて

もう私だけのあなたじゃないのに
そんな気になって
私だって
ほかの誰かに抱かれているのに
そうやって
自分の心を
つらくする

はっきりしてといいながら
はっきりされたら
死んでしまう

私の生きてきた本当の私が
死んでしまうことを知っている
私はあなたに生かされてきたのを知っている

あなたが
私の人ではなくなっているという現実を
私は夢で続けてみた
夢で私は子どもを授かった
この子どもは誰の子どもかと
夢の中で私は考えていた
あなたの子どもではないことを
夢の中でもわかっていた

これは夢だけど
現実なんだ

私はそうやって
すごくすごくすごく
人生で一番大切だった人を
あなたも私を別の意味だったとしても
大切に思っていることを知っているから
そうやって
いつまでも
まとわりついて
あなたをも苦しめる

ごめんね
ごめんね
ごめんね


私は
人の思いを私の心の中で
小さく裏切ることに
罪を感じて
そっけなくなってみたり
もうその人からの優しい気持ちを受け取りたくないと
受け取れば受け取るほど
罪の気持ちは大きくなり
どうすればいいのかわからなくなるのだ


あふれる涙を
それだけの愛を
私はもらった


Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。