«  2008  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   »
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sora
category:スポンサー広告
/

私だけのひとり
嫉妬で苦しくなるときがあるって
素直に話した

彼はしっかりと聞いてくれて
受け止めてくれた


今までがまんしなくちゃいけなかったことも
素直に話してみようかと思えることは
前よりずっと
彼と私の関係を信じられるようになってきたからだ


彼は優しかった
彼は頼もしかった

私は彼から
うれしい気持ちをたくさんもらった


*****************************

また苦しくなったときは聞いてくれる?

聞くけど
何回もは言わないでね・・


でも
私はやっぱり
前の奥さんにあげた気持ち以上のものがほしくて
くるしくなっちゃうんだよ・・


ちゃんとあげるから
言わないでくれる?


ちゃんとあげるから・・

*****************************


不安にならないで
ふぁん(ファン)になってもいいけど(笑)



*****************************


俺を信じて・・


*****************************


もしこのままつきあって
一緒になるというようなことがあったとして
両親にあいさつにいったとしても
「離婚しているので
披露宴なども盛大にはできないと思います」
って言わなくちゃいけないと思うんだよね



*****************************

俺はキズモノだから
いろいろ迷惑かけると思うよ・・・
ごめんね・・


*****************************



言葉にすると普通なのかもしれない

でも
なんか
彼がちゃんと考えてくれてるんだ
って思えてうれしかったんだ


「これからちゃんと
となりにいるよ」
っていう気持ちをたくさんもらった気がして
それは私をとても幸せにした


普通につきあっているカップルにとっては
普通なのかもしれない


でも
私にとっては
この人との未来は何も期待してはいけなかったし

となりにいても
本当のとなりではなかったし

私の
私だけのひとり
ではなかった


私が持つのと同じ気持ちが返ってくることなんて
期待しちゃいけなかった


でも
今は
彼は私にちゃんと向いている

そんなふうに感じたんだよ



スポンサーサイト
Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:大切な人。 - genre:恋愛


嫉妬
過去の人
と簡単に片付けられない

私は
ときどき
激しく
嫉妬に苦しむ


彼が一生をともにしていきたいと
誓った女性がいたという事実に

彼の大切な人達が
彼の幸せを祝福したという事実に

自由気ままに
わがままやって
彼にさみしい時間を与えた女性に
それでも大切にしようと努力していた彼のその思いに

激しく
嫉妬してしまう


たとえば
私が彼と結婚したいと思っても

私には
結婚式という選択肢は
普通には用意されていないんだ
彼はもうすでに
神に誓い
人々に祝福され
お祝いをもらっている
私ではない女性との結婚に


籍は入れなかったということに
私は少し喜んだけれど
もしかしたら
籍だけ入れて結婚式はしてなかったほうが
私の立場的にずいぶんラクだったのかもしれない

たとえば
私が彼と歩いていて
彼の仕事関係の人に会ったとする
そしたらよく知らない人なら
私がそのお祝いをあげたお嫁さんだと思うかもしれない

私はそのお嫁さんじゃない

私は彼との結婚を祝福された女性ではないのに


たとえば
私が妊娠したとしよう
そしたら
親戚の人は
あ、あの花嫁さんが妊娠したのね
なんて思うかも


私は違う
私はあの女性とは違うのに


私は私なのに



私はときどき
激しく嫉妬に苦しむ


あきらめていたあなたが
私のひとりになってくれたから

あきらめてきたことが
嫉妬に変わる

私も
それ以上のものがほしいと
願うようになる





Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:不倫 - genre:恋愛


彼の親友
望みを書き出せば限りなく

もっともっとがほしくなるけれど

着実に増えていく
ひとつひとつを
喜べるようにしよう


この間
彼の高校時代からの親友の飲み会に
一緒に来る?って誘ってもらった


親戚とか
仕事関係の人とかには
まだ無理だけど
こいつらなら
隠すこともないから
って


親友に紹介してもらった
そのことを喜ぼう


たった1年前に
私ではない女性と
盛大に結婚式や二次会をやったこと
親友が二人の出会いからのビデオをつくったとか
そういう悪気はないけど話していたこととか
たくさんの人からお祝いをもらったこととか

せつなくて
悲しくなることは
ある


でも
どうしようもできないし



私は
上を望む前に

私を親友に紹介してくれた
というその事実を喜ぼう


ありがとう


Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:モノの見方、考え方。 - genre:心と身体


不安
不安になったりする

ちょっとした言葉や
ちょっとしたそぶりに


不安になる
やっぱり私はまだ手に入れてないんじゃないかと


不安になる
嵐がすぎれば
私の存在感が小さくなってしまっているのかと


不安になる
私は
やっぱりあんまり好きじゃないやって思われたのではないかと


私は十分幸せなのに
幸せだと
その幸せが続いていくのか
不安になる


きっと
大丈夫
なのに
不安になる


不安になる


私は
あなたの大切なひとりに
ちゃんとなれるのだろうか

静かで穏やかな中にいても
私を必要と思ってくれるのだろうか


私をまだちゃんと求めてくれているのだろうか

ちゃんと私に向いているのだろうか

私は彼のこころが
しっかりいてくれるくらい
魅力があるのだろうか


こころのなかで
しっかりと根をはってくれますように
大丈夫
彼はちゃんとここにいてくれる人
って私が
安心することができるように


不安
だけど
それでも
私は
目の前の毎日をちゃんと生きないと

不安
だけど
それは
幸せを手にしたからこその不安
だから
それは
幸せの一部であると
忘れないで





Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:恋愛 - genre:恋愛


幸せをあきらめない
人がよく言うことだけど

あきらめないことって
大事

だね


私はずっと
苦しくてつらくて悲しくて
たくさん涙を流してきたけれど

それでも
自分の中のどこかで
幸せになるってことを
あきらめてはいなかった
と思う

幸せになるって
信じていたと思う

いつかこの悲しみが報われるときがくる
って泣きながらでも
忘れていなかった気がする


目には見えないけれど
自分が過ごしてきた月日を振り返ると
私の状況は少しずつでも
着実に変わってきていたんだって
感じることができる


私は今
大好きな人のとなりで
笑っている時間がたくさんある

間違いなく
あの涙を流していたあのときよりも
私はたくさんの幸せを感じることができている

それは
あきらめなかった私を
神さまがずっと見守ってくれていたんだと
本当にそんな気がしてしまう


私は自分を傷つけないための方法として
「あきらめればいい」とよく言ってきたけれど
この「あきらめる」ってこととはちょっと違うんだ

この人との最高の幸せをあきらめてはいたけれど
自分が自分なりの幸せを感じることはあきらめていなかった
ということかな

あきらめることで
自分が傷つく機会が減るならば
それは
私のとって
幸せに近づくという意味でもあった

たとえば
この大好きな人と結婚するとか
ずっと一緒にいるとか
この人の一番でいたいとか
そういうことは
結婚している彼に求めても
それは叶うはずもなく
それを求めれば求めるほどに
私はそれを手に入れることができない悲しみで
苦しむことになる
だから
私はそれをあきらめればいいと
こころに言い聞かせていた

そのかわりに
私は私が手にすることができる幸せを
大切にしたいと思ってきた
私にとって何が幸せなのか
もっともっとの幸せを求めれば限りがない
だから私はそれをやめようとした

今手にできる幸せを大切にした

それが私にとって
幸せになることをあきらめなかった
ということだ


私は幸せになる日がくると思ってきた

でもいつからか
私は
幸せに気づいていなかっただけで
十分幸せだったんだって思うようになった

小さな幸せに目をむけていたら
気づいたら
その幸せがどんどん大きくなってきた

あきらめないで歩いていれば
きっと何かが変わっていく

きっとそうだ


Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:モノの見方、考え方。 - genre:心と身体


もしかしたら
悲しくなって
これ以上傷つきたくなくて

私なんていいよ
別にいいよ
と自分なんてどうでもいいっていうふうに
自虐的になる

私のパターン化したこころの動き


でも
それを言葉にして
相手にぶつけるのって
もしかしたら
そんな私を言葉にしても離れていかないって
どこかでわかってるからできるのかも


自虐的になったら
めんどくせぇって離れていくってわかっていたら
きっと
できない


自虐的になった私は
もしかしたら

あきらめてるのではなく
信じはじめた
ということなのかもしれない


Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:恋愛 - genre:恋愛


神さまからの
なんとなく悲しくなっていた私に
彼からメールが届いた


終末は楽しかった
俺は本当に感謝しているよ
ありがとう

soraはオアシスだよ




そっか
私が落ち込むような気持ちになっていても
同じときに今
彼は私との時間を
こんなふうに思ってくれてるんだ

って思った

私はすぐに自信をなくしてしまって
まだ彼が奥さんだった人のもとにいるままであるかのように
感じてしまったり
自虐的に考えてしまったりするけれど

彼は今
ちゃんと私のことを見てくれてるんだよね
って思えた



今日は、朝の時間から
ちょっと前にバイバイしたばかりだというのに
彼はメールをくれた


今週も幸せな時間が過ごせました
ありがとう!


って


「幸せな時間」って
表現してくれたことが
なんとなく
今までとは
ちょっと違ってたような
そんな気がしたんだよね


これもきっと
彼にとって
ちゃんと私との時間が
いいものだったってことなんだよね


私がこんな小さなことで落ち込むなんて
もったいないくらい
彼は私とのことを大切に思ってくれているんだよね
そうだよね



神さま
私は欲張りになってきてますか?


そうだよね
そうだよね


私の今が
どれだけ幸せなのか

忘れちゃいけない


私は忘れちゃいけないよ


奇跡の幸せだったはずが
平凡の幸せになり
あたりまえの幸せになり
もっともっとの欲張りになり
幸せであることも忘れてしまわないように




あ!
神さまからの
てすとなんだ!

私へのてすとだ!
きっと!



幸せを感じたそのときを
そのときの気持ちを
忘れないようにするよ


Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:スピリチュアル - genre:心と身体


ヨメ
朝のテレビに
ディズニーの仲間たちが出てた

「ディズニーランド好き?」
ってちょっと聞いてみた


「うーん・・
あんまりいい思い出がない・・」

「だって2時間とか並ぶのはさー・・・」

って言うから

「ただ並んでたらつらいから
その並んでる時間も楽しめばいいじゃん!」
って言った

私も並ぶのは別に好きじゃないけど
大好きだった元彼とのディズニーを思い出すと
並んでるときもウキウキふたりで遊んで楽しんでた
私はそれができる人とつきあってることがすごくうれしかった
自分も、誰かを一緒に楽しませてあげられる人でありたいって
思う気持ちがそう言った

そしたら彼が言った言葉は

「同じこと言ってる(笑)」


同じこと・・かー
まぁ今までつきあった彼女か元奥さんか
とは思ったけど

なんとなく私は
「同じこと言ってる」って、誰かと比べてる感じが
ちょっと気になって

ちょっとしてからわざと聞いた

「同じこと言ってるって誰と?」


私はほんと自爆型だね
どんな答えでも喜ぶ答えが返ってくるわけないのに
聞かずにいられないそんな私


彼は答えた

「よめ」



嫁、かー・・
私は何も言わなかった

少し前に
まだちゃんと別れたって言ってくれるより前に
「嫁、って呼んでる時点で、これは不倫だよね」
「嫁って呼んでる間は結婚してるってことだよね」って
私は言っていた


だから
今日は
あえて言わなかった

私も大人になったな・・

「嫁」って言葉を聞いて
何も言わないで流した私は
私なりには大人になったとふりかえって思う

ちゃんと聞いてるくせに
しっかり聞いてるくせに
「まだ嫁って言うんだ、やっぱね」なんて思ったくせに
ちょっと悲しかったくせに



でも彼もまた
気づいてくれる人だから
私が何も言わないで黙ってテレビを見たままだったのに
自分から言った

「・・なんて呼べばいいのかな・・?」
「元嫁・・?」


うーん
わかんない
って言った
わかんないね

正直言えば
「嫁」なんて言葉は聞きたくない
それがほんとだな



今日は
そのことがあったから
なんとなく
なんとなく
こころにひっかかった感じがあった


なんとなく
落ち込んだ


仕事中も
なんか思い出して
ブルー気味だった



今までの苦しみから比べれば
全くどうってことないのに

欲が出てしまうのだね


私だってやっぱり
なんでも平気で受け止められるわけじゃないからね

こころの中には
彼が奥さんを思っていたときのこと
そのときの悲しい気持ちが
まだ簡単に思い出せるくらいに
そこにあるからね

そうだよね








Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:不倫 - genre:恋愛


たまにはちょっと
人は
何か望みが叶うと
もっともっとが出てくる

何かが満たされると
満たされないことが気になる

満たされてなかったときを思い出すべきだけど
たまには
そんなのもいいや

たまには
ちょっとすれてみる

Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。