«  2008  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   »
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sora
category:スポンサー広告
/

さよならしてきた
最近は
私がお金がないのもあって
ほとんど外食はなくて
私の家に彼が来るということが多かった

でも昨日は久しぶりに
彼の家の方面にある私たちのお気に入りのお店で
ごはんを食べようということになった

駅で待ち合わせをして
ちょっとだけいつもと違って
デートみたいで
ちょっとドキドキした


彼がふと言った
「今日は大きなことがふたつあったんだ」
って

ひとつは仕事上のことだった

もうひとつは


さっき
嫁と別れてきた
さよならしてきた


ってこと



私は
たぶん
「そっか」くらいに
あいづちをうつくらいしかできなかったな

喜ぶわけでもなく
いろいろ聞くわけでもなく



おいしい食事とお酒で
楽しい時間を過ごしたあと
外に出ると
雨がたくさん降っていた

彼は明日の朝がとても早くて
私の家に泊まると電車に間に合わなくなるので
泊まれないって前から言ってた

もう夜も遅くなっていて
泊まれないのに
雨の中私の家まで来て
終電で急いで帰って・・
っていうのは大変だから
今日は家に来なくて大丈夫だよって
私は言った


すごい雨だったし
生理になったからえっちもできないし
彼が私のために大変だとかわいそうだと思った


雨の中
ちょっとだけ
どうしようかなみたいに考えたあと
彼はさらっと言った



俺の家に来る?



って



俺の家はやっぱり無理だから
って
つきあったころから言われてて
たとえ奥さんが泊まりで出かけていても
留守中に他の女性を家に入れるということは
彼の中ではどうしてもできないと言っていた
不倫してれば一緒でしょっていう感じかもしれないけど
彼にとっては
たぶん違っていたんだ
なんとなくわかる

私はそこに
彼の中にある
最後の最後の部分だけは守らなくては
っていう
自分のうまくやっていきたい家庭への思いがあるような気がしていた



その家はもともと彼が一人暮らしをしていた家
そして自宅兼職場だから
私が治療に通っていた場所
私が彼に出会った場所


でも
私はそこには入れない人なんだ
と私は自分自身に理解させた


その家に


招待しちゃおっかな

と彼は言ったんだ


奥さんとは本当に別れるんだよ
別れたんだよ
って
その証明のようなものを
私に差し出してくれたような気がした




雨の中傘をさしながら
手をつなぐと
お互いの傘の隙間につながれた手は
雨でびしょびしょになった
だからやっぱりやめて
でも信号待ちのとき
また手をつなぐと

いつもはあまり感じられない
彼からちゃんと握ってくれてる感じが
そこにあった

しっかり私の手を握ってくれてる彼の手が
私はすごくうれしかった



私ははじめて
彼の家に入った


まだ少し
奥さんの荷物が残っていて
それは
そこで生活していたふたりを
想像させてしまうけれど

私は
彼が
今まで守ってきた
自分の家には呼ばないってことを
解禁したという事実が

彼の私への気持ちなんだと
理解した


彼から出る
言葉の端々に
彼が今回のことで
自信を失い傷ついてしまっていることが感じられる


トラウマになりそう・・・


もう結婚がこわいよ・・



彼がぽろっと口にした言葉は
私のこころに残っていく


たぶん今の彼は
相当傷ついてると思う
弱ってると思う


私は今は
自分のことは置いといて
彼の傷を癒してあげる人になりたいと思った

彼がこうやって
傷をかかえている状態で
たぶん私は
手放しでは喜べないんだな、きっと
「彼が離婚した!彼は独身だ!わーいわーい」
なんてそんな心境になれないのは


彼が生傷を抱えた人であることと
これが本当なんだっていう実感が
まだ私にないからだと思う



最後にひとつ

「奥さんと離婚した理由に
私のことも入ってる?」
って聞いたら
「全く入ってない」
って彼は答えた


私の存在とは
別のところで
彼ら夫婦の関係は壊れていった
と理解していいのだよね

私自身も
彼との将来を望むことなんてできないとわかっていたし
小さな期待も持たないと決心していたから
彼らの関係を壊そうと何かしたことはない
私が壊そうとしても壊れるものではないと
たぶんあきらめていた


たぶん
彼も
奥さんと何も問題がなければ
私とこうなることもなかったのだろう
きっとそうだ


でも
私は
すべてが必然だと
そう思いたい


大好きだった彼と想いが通じた奇跡を
神さまに感謝したい









スポンサーサイト
Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:不倫 - genre:恋愛


わがまま
相手のほうに悪いことをしたと思ってつらい
と彼は言った

私は
Yさんだけが悪いわけじゃないんだから
と言った


でも
自分で決意したことを
やり通せなかった
相手にも
相手の家族にも
悪いことをしたと思う

と彼は自分を責めていた


彼と奥さんにしかわからないことがあるけれど
それでも彼は
奥さんとうまくやっていきたいとがんばっていたと思う
彼はそういう人だ


彼は奥さんのことを悪く言うようなことはほとんどない
でも私は奥さんがやっていた彼に対する態度を聞くと
なんだかすごくいやだった


わがままやってても
愛されてる

ってすごくそう感じた

やりたい放題でも
それを受け止めようとしている人がいて
奥さんはそれを理解していて
愛されていることを理解しているから
わがままでいられるんだ
と思った

私は

わがまま言ったら
彼が離れていく

と思っていたから

彼の気持ちを大切にしないで
彼をさみしい気持ちにしている奥さんが
それでも大切にされていることが
とてもうらやましかった

ずるい
と思った


7月中旬だったかな

私のすさんだ心が
あのとき
私のこころのそんな言葉たちを声にして
彼に向けた


でもそのとき私は
ふと我に返って


私はこんなことを言わないって決めたんだった
と思い出した
私は彼を失うならば我慢する道を選ぶと
強く心で決めたんだった

心の中からあふれてきた言葉を吐いた自分を後悔した


私はすごく後悔して
自分を奮い立たせて
それまでの
落ち込んだ空気を振り払って
彼に言った


ごめんね!
今のはナシ!
いいの
私はこれで十分幸せなの
Yさんと一緒にいるだけで私は本当に幸せで
これを失いたくないの
だからごめんね
これで、私を不幸にするとか言って離れて行かないで

って一生懸命言った

本当に後悔してた
彼がまた離れていくんじゃないかと思って
怖くなって
涙がいっぱい出た
いっぱい泣いた
泣いてしまった


彼は
ちゃんと私を抱きしめて
離れていかないよと言ってくれた


そのあと私を抱いてくれた彼は
本当に優しいキスをたくさんたくさんしてくれた


私はあのとき
こころで感じた
彼の気持ちをこころで感じた



Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

うまくやっていこうと
奥さんは
彼が家にいても
何も言わずに夜に平気でどこかへ出かけてしまうらしい

私はそれを聞いたとき
彼がかわいそうだと思った

なぜなら
彼自身は
奥さんがいないときに私のところにきたり
いるときでも
ひとまず奥さんに声かけてでかけていた

彼が来るって連絡ない日は
あぁきっと奥さんがいるんだ、と私は思っていた

彼は彼なりに
奥さんとうまくやっていこうと
奥さんがいるときはまずは家に、と考えているような気がしていた

だから逆に私は
夜になって急に
今日遊びに行ってもいい?とか言われるのは
奥さんが出かけた→だから俺もでかけよう
っていう図式のような気がして
悲しかったんだ


そうだ
確か私はこれを言ったんだ

彼がはじめて
奥さんと別れるかもしれない
って言ったとき

私は言ったんだ
急に会いに来ることになるときは
奥さんがいないってわかったときなんでしょ?!って
奥さんが優先なんだよね?って

こころの中にあった
悲しい気持ちを言葉にした

そのときだったな



奥さんは月の半分は家にいなかった
ってこの間彼は言っていた

彼は悲しかったよね
さみしかったよね

彼はうまくやっていきたいとおもっていたんだ
とあたりまえだけど
そう思った






Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

家族と友達

結婚したら家族が一番大事で
一番大切にしたいと思っている

でも嫁は違う
友達が一番

友達を大切にしているのはすごいと思うし
あいつのいいところだと思う

結婚したら
同じように家族も大切にするだろうと
勝手に思っていた

そしたら違った

家族になったら違った

それまでは
あいつにとって
俺は一番仲のいい友達だった
だから大切にしていたけど
家族になったら違うんだ
Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

家を出て行けって
嫁は
今月いっぱいで家を出て行く

アパートを借りたみたいだ

実家に帰れと言ったけど
世間体なのか
それを選ばない

何ヶ月か前から
俺は嫁に
もう家を出て行けと言っているんだ

別れたいと言った

でも嫁は出て行かない


奥さんが何を考えているか
彼自身あまりわからないようだった
でも彼は奥さんを激しく問い詰めるような人ではないから
きっとわからないままなのかもしれないと思った

Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

結婚記念日を越えて
彼と奥さんの結婚記念日が次の日にせまった日に
私のこころは荒れた

明日はどうするの?
奥さんと結婚記念日お祝いするの?


何も話してない
と彼は言った


その1ヶ月も前に
私は
奥さんとは別れることになるかもしれないという
短い言葉を聞いていた


それでも
1回目の結婚記念日を
そのまま越えてしまうということは
そういうことだ
と私は思っていた


結局別れないよね
そうだよね
って思った


結婚記念日を迎えるんだね
1回目の結婚記念日を越えれば
2回目だってきっとある

と言った


結局そうだそうなんだ
と思った私は
それまでの見えずに不安になってた気持ちを
吐き出した

そしたら彼は


それなら話すよ
聞きたいなら全部話すよ

と言って
たくさんのことを話しだしたんだ


Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

実は
彼と奥さんは籍を入れてなかった

結婚式とか披露宴とか二次会はやった
Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

人生をかけて
自分の人生をかけて
こいつを守ってやりたいって
思えなくなったんだ


と彼は言った


人生をかけて守ってやりたい
と思うほど
奥さんを大切に思っていたんだ
と私はショックをうけた


Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

私にとってのブログ
ブログを書けないでいるうちに
たくさんのことがあった
たくさんの気持ちをうけとった
たくさんの言葉をうけとった

時系列に並べようとしていると
さらに時間がすぎていき
なにがなんだかわかんなくなってしまいそうで
だから
私はそのとき言葉にしたいことを
ばらばらでもいいから
記していこうと思った

読み手がわかるように
説明つきで
私の気持ちもちゃんと伝わるように
ってきっと難しい

わかってほしくても
できないし
大変だったりして


でも私は小説を書いているのではない
私は読み手が喜ぶストーリーを表現したいのではない

もちろん読んでくれる方が
私の言葉で何かを感じてくれるのは
本当に本当にうれしいこと
私の言葉をこころで受け取ってくれるすべての人に感謝します
そして
感謝する気持ちとは別のところで
私は「ストーリーを提供する人」ではないことを
自分で理解したい


私は言葉を出せばいい
思うままに

その言葉たちが
きっと見えない何かを表現してくれる
説明しなくても表現してくれる気がした



Posted by sora
category:私のキモチ
comment(1) /

thema:ひとりごとのようなもの - genre:日記


私が私でいること
職場の飲み会
ちゃんと輪の中に入り
ちゃんと楽しく
なんの違和感もなくそこに存在する私

楽しいって感じることもたくさん
でも
私は誰かのちょっとした一言に
ずるずるひきずって考えてしまったり
「私ってそうなのかな・・?」とか
人に言われた「私」のイメージや
「私」という人への評価に
悩み始めてしまう

今日は楽しかった
でも
後半に
また私は
「私はいったい誰なのか」がわからなくなって
本当の私はどれなのかがわからなくなって

やっぱり私は人との中にいると苦しんでしまうと
そんな結論がこころに湧き出る

いや
誰から見ても
私は楽しそうになじんでいただろう
誰から見ても
私が人の中にいて苦しむ人とは見えなかっただろう
今日の私が
この飲み会で苦しんでいるなんて
きっと誰も思わないだろう


それなのに私は
こんなんだ


表面適応
心は不適応



私にとって
人とのかかわりは
これをクリアしないことには
きっといつまでもネックとなるだろう


なんででしょう


大好きな彼と一緒にいるときの私は
私が私でいれるのに


私が私でいて
それで愛されると
どこかでわかっているのに


私が私でいる
それは
私のなかでの大きなテーマ

乗り越えるべきところ

私が私でいる

それは強さに変わるよね

Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:モノの見方、考え方。 - genre:心と身体


感じたこと
本当に私のことを思って心配してくれる人の言葉は
不思議とちゃんと素直にこころでうけとめることができる

あなたの言葉もそうです
ありがとう

一方的に価値観を押し付けるような言葉を受け取ると
私の心は激しく反発してしまうけれど

本当に私を心配してくれている人の言葉を
私はちゃんと見分けることができるんだ
私のこころはちゃんと理解できるんだと
思いました


見極めなくてはいけない

そうですね
最近の私は「見極める」という段階を
ずいぶん前に過ぎてしまっているんだ
と気づきました

見極めて
見極めて

私は
その人
という「人間」としての見極めは終わった気がします

そういう意味で
私は
この人を全面的に信じてしまっている


それは
「必ず離婚してくれる」とか
そういうことではなくて


私の気持ちが離れないように
引き止めるために
そのためだけに
私が喜ぶようなことをする人ではない

私は信じ切っていたんだ
ということを
あなたの言葉を読んで気づきました


人として信頼できるからといって
私が望む道をあたえてくれるとは限りません
それはわかっています
私が傷つくかもしれないことを
心から心配してくれた
親愛なるあなたに心から感謝します

どうもありがとう


私はあなたの優しさは
とても
本物だと思います

変な日本語かもしれないけど

とても本物

そんな気がします


ありがとう




Posted by sora
category:私のキモチ
comment(1) /

thema:今日のヒトリゴト。 - genre:恋愛


期待
めまぐるしく
私のまわりが変わっている

それに一生懸命ついていって

気づけば
そのときそのときの言葉を綴ることもできず
もうすぐ1ヶ月


書きたいことがある
そのときの気持ちを整理したい
今の気持ちを整理したい

でもその「とき」がない
時間がない
なんだか
なぜだか
毎日毎日
自分ひとりの時間がほとんどない


だから

ちょっとだけ書いておく



私は
ここでも散々書いてきたけれど
今の恋愛に
期待をしてはいけない
とずっとずっと言い聞かせてきた
それは自分のこころを守るために
期待はしないけど目の前の幸せを大切にする
それが最近の私のモットーだった

期待すれば傷つくだけの恋愛だとわかっていた
期待しなければ幸せだけを見ていれば
それも幸せの一つだと
そうやってきた


彼との間に子どもができたかも・・と悩んでいたあのとき
私はそのときに後悔するとしたら元彼のことだと書いた
もし妊娠していなかったら
私は元彼との未来について
もう一度だけ
最後に思いをぶつけてみようと思っていた
そして生理が来た
私はそのときの気持ちを忘れないようにしたいと
生理が来る前に思っていた
だから生理が来たということは私はもう一度元彼との関係を考えようということだった


でもまさにそのとき
考えてもいないことがあった
生理が来たその夜
私のこころを揺さぶることがあった


今つきあっている既婚彼が言ったんだ


嫁とは別れることになるかもしれない・・・

今回の結婚は失敗だったのかもしれない・・・




私は彼に対して
「奥さんと別れて」とか
「私と奥さんどっちが大切?」とか
「離婚はしないの?」とか
そんな言葉は一度も言ったことはなかった

私はそんな言葉を言ってはいけない関係だと
自分に言い聞かせていた
我慢をしても
それでも彼が私との時間をつくってくれることを
失いたくなかった
既婚者にとっては
たぶん苦しめない独身女だったな
それはたぶんプラちゃんとの恋愛で
いろいろ学んだし考えたからだと思う

十分都合のいい女で
都合のいい愛人でい続けるような
そんな責めない女であろうとしていた

そして自分の心の中だって
それを仕方なく受け入れていた


でも
私は彼のその言葉を聞いて
それまでがんばっていた
それでいいんだという気持ちの中に
だめだとわかっていても
小さな期待が生まれてしまうようになった


どういうつもりなの?
ほんとにわかれるの?
口で言ってるだけ?
でもきっと別れないよね・・

そんなふうに心のなかでもやもやしはじめるようになった

ほんのちいさな言葉で
期待しないと決めていた私のこころは
簡単にゆらぎはじめた


小さくでも
ゆらいでしまう


小さくても
期待してしまう



でも
結局
何も変わらないのなら

小さな期待を持ってしまうような
そんな言葉は聞かないほうがよかったかもしれない

期待すれば
傷つく


最近の私は
期待しない私ではなくなりつつある

それが少し心配



Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:不倫 - genre:恋愛


きゅん
たとえば

夜中に起き上がって
またベットに戻ってきたとき

私のもぐりこむ気配に
かすかに目をさまし

腕を伸ばしてくれる

そこにコロンと寝っころがった私を
その腕で
自分の方へぎゅって
してくれるとき


こころがきゅんってなる


たとえば

寝返りをうったとき

私を後ろから
抱きしめてくれたりする

私はそれが好き
私はちょっと目が覚めて
ドキドキしちゃったりして

でも彼は
スースー寝てたりして



たとえば

ベットの下に落ちてしまったふとんを
そっとかけてあげたとき

寝ぼけた声で
ありがと・・・
と言ってくれる

寝てるのにえらいね(笑)
なんて思いながら

ありがとうっていつもちゃんと言ってくれるあなたは
寝てるときもそうなんだ
そんなあなたが好き
と思う


たぶん彼は
朝になったら
そのこと覚えてないみたい


だから
よけい
きゅんとなる


Posted by sora
category:私のキモチ
comment(0) /

thema:恋愛 - genre:恋愛


| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。